Yearly Archives: 2014

Whitman College

blog 2014-10-22 [gallery link="file" ids="2802,2799,2800"] 基本をしっかり習得することが大事なことは皆周知のこと。しかしなかなかそううまくいかないのが実情。腰据えて同じことを繰り返すことは自分との戦いである。それを見守る指導者もまた忍耐を強いられる。まあ、これくらいでいいかとお互い納得するまでには長い時間を要するのだ。常に新しいことを追い求めることはとても大事なことだが基礎無き土台の上には何も建設することはできないし、できたと思っていてもすぐに崩壊してしまうのである。では、実際どれくらい基礎に時間をかけるかである。目先のことに左右されないで思い切り打ち込み、がむしゃらに勉強する時間が10年。またそれを土台に試行錯誤して10年、そしてそこに経験が上積みされてようやく「そこそこの物」ができあがると私は思う。そこそこから「一端な物」へ到達するまでには人生は短かすぎるような気もするが。 「目先の利に飛びつくな。君たちはじっくりと物事を考え、そして経験を積みなさい。きっと30年後には逆転しているはず」とは、Whitman College, Ronald Takemoto教授の言葉。学生だけでなく私もしっかり受け止めましたよ。その言葉。...
Read more

-Bridge U.S.A. 夏祭り- 7/13

[gallery link="file" ids="2727,2728,2725" orderby="rand"]   LA明藤会がホストとなる「書道体験ブース」をブリッジUSA夏祭りに初めて設置していただいた。シアトルではお馴染みの「対面指導」を行う明藤書道会LA支部の会員たち。私どもも助っ人として参加。とにかくシアトルとはまったく規模も客層も違い、日本文化の受け皿の大きさに驚いた。多くの参加者が日本語を話し、ここがアメリカとは思えないほど。日系人を含む日本人の多さに改めて驚かされた。 453-4 会員には、正しい指導を第一にと念を押していたが、参加者の多くが以前筆を持った経験者であったこともあり、なかなかの自己流に驚かされた一面も。しかし、本当にたくさんの笑顔をいただくことができ、皆が心地よい疲れに会場を後にした。まずは経験ありき。来年の夏祭りが楽しみとの声も聞けた。 筆の持ち方、姿勢を正し、そして左手をそっと紙にそえる。皆さんなんて美しい書き姿でしょう。嬉しいかぎりです。...
Read more

熱き大地

449-5 [gallery columns="4" link="file" ids="2635,2634,2633,2632" orderby="rand"] さて、休暇をいただいておりましたが先ほど無事に戻ってまいりました。今回は大げさに言うとアメリカの歴史をたどる旅でして、数億年前の地層からナバホの歴史とスケールが大きすぎるのと熱いのとで頭は常にくらくらしておりました。兎に角長い時間をかけて自然が作り上げた芸術に接し、平均80年程しか生きることができない人間にはいったい何ができるのかと考えてしまいました。なんといっても出発地と終着地がラスベガスだったことは今回の旅の最大の誤算だったかもしれません。 450-3 [gallery link="file" columns="4" ids="2640,2639,2638,2637" orderby="rand"] 110℉(摂氏40度)を超えると人間からからになってしまうものなんですね。常に水分補給をしないといけない場所なんて初めてのことゆえ驚きました。 行程 /1日目 Las Vegas - Zion National Park - Lake Powell/ 2日目 Antelope Canyon - Monument Valley/ 3日目 Grand Canyon - Route66 - Las Vegas...
Read more